【再入荷】SVウィリアム・モリス琥珀りんごリング

¥12,100
- ポイント
(税込) 配送ポリシーはこちら

ウィリアム・モリス ジュエリーコレクション

「モダンデザインの父」と呼ばれるウィリアム・モリスの世界をジュエリーにしたコレクション。アカンサスの葉と斑点のあるリンゴの壁紙「Apple」(アップル)。もともとは1877年にモリスによって最初にデザインされ、娘の作業室の壁を飾るのに使用されました。

ふっくらとした琥珀に、マラカイト・白蝶貝・クォーツを重ねた
淡いグリーンカラーがさわやかな印象のトリプレットを合わせました。琥珀にふんわりとのるようにデザインされた葉や立体的に作られた葉に寄り添うように配された宝石の角度により柔らかさが生まれ、女性らしい雰囲気の作品となっています。

ギリシャ神話で神々に食されていたと言われる黄金のリンゴ。古来よりリンゴは若さのシンボルと言われています。ヨーロッパでも「愛」「豊穣」「若さ」などの象徴とされ、丸い形は「永遠」を表しているとされるなど、ラッキーモチーフとして人気です。

琥珀が軽い宝石であることと、腕の部分を細めにお作りしたためリング自体が軽やかであることと
カボションの石を使用していますが、引っ掛かりのないとても着け心地のよいリングです。

DETAIL

〈素材〉シルバー925
〈石〉琥珀・トリプレットストーン(マラカイト・白蝶貝・クォーツ)・ホワイトトパーズ
〈モチーフサイズ〉縦 約15mm x 横 約23mm
〈サイズ調整可能範囲〉不可
※天然石を使用している為、色や形に多少の個体差があること、また、ブラウザによって実際の色味に若干差が出ますことをご了承ください。

  品番:405R0028-TY